山口

関門医療センター

関門医療センターには内科/精神科/神経内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/脳神経外科/呼吸器外科/心臓血管外科/小児外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/気管食道科/放射線科/アレルギー科/心療内科/リハビリテーション科/麻酔科/歯科口腔外科があります。能率を考えた固定チームナーシングを活用し、アセスメント能力を生かした見落としのない看護を進めています。家庭のあるナースが気になる託児所情報については、託児所はあります。日勤のみの勤務など、これ以外の支援体制もチェックしてみましょう。

光市立大和総合病院

山口内の光市立大和総合病院の医師、看護師など職員は、101名います。診療は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/リウマチ科/小児科/外科/乳腺外科/整形外科/耳鼻いんこう科/産婦人科/婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/臨床検査科/歯科/歯科口腔外科になります。患者にとって不可欠な医療を心がけています。看護師は働きやすい2交替で仕事をしています。プライベートを踏まえて、ナース内での相互協力も大事にしています。

地方独立行政法人山口県立病院機構山口県立総合医療センター

地方独立行政法人山口県立病院機構山口県立総合医療センター内では600名医療スタッフが働いており、周囲の医療施設と協力し合い、一層良い医療を提供しています。看護部では、ナース466名在籍しており、ワークバランスを考えた3交替制で看護を進めています。

下関市立豊浦病院

下関市立豊浦病院のベッドは275床備えられており、治療を目的とした患者が充実した医療を見つけられるよう最善を尽くしています。看護部では、115人の看護師が働いており、患者を考えた心の通った、丁重な看護を目指します。

下関市立市民病院

下関市立市民病院には319名医療スタッフが活躍しており、近隣の医療施設と手を取り合い、より質の高い医療活動を提供しています。ナースは3交替一部2交替で勤務しています。子育てと仕事の両立を踏まえて、ナース内でのチームワークも重んじています。

山陽小野田市民病院

山陽小野田市民病院は、山口県山陽小野田市大字東高泊1863番地1にあり、診療科目は、内科/消化器科(胃腸科)/リウマチ科/形成外科/呼吸器外科/性病科/産婦人科/産科/耳鼻いんこう科/気管食道科/放射線科/歯科口腔外科/麻酔科があります。クランケに適当な看護を目指しています。看護部では、118名のナースが看護にあたっています。治療中の患者の気持ちになった真摯的で、十分な看護活動を進めます。日本医療機能評価機構からの医療的な評価を受けています。質が高い看護を行っています。

済生会 下関市立豊浦病院

済生会 下関市立豊浦病院は、周辺の住民に信頼を置かれる医療機関を志し、近接性を大切にした医療を実行しています。看護師は3交替で仕事をしています。仕事とプライベートを配慮し、看護師同士の協力も重きに置いています。

山口県済生会下関総合病院

山口県済生会下関総合病院の住所は、山口県下関市安岡町8-5-1となります。地域の人たちに求められる医療を目標とします。患者を考えたチームナーシング+受け持ち制 一部モジュール方式を導入しています。勤務するナースの力を活用できるような看護が実行されるよう努めています。

済生会 山口総合病院

済生会 山口総合病院には、310床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。310床のベッドがあります。治療が必要な患者の精神的なサポートも大事にしています。看護師に無理のない固定チーム継続受持ち制を採用し、1人1人の看護師が力を発揮できるような看護が行えるよう努めています。

山口赤十字病院

山口赤十字病院は、山口県山口市八幡馬場53-1に設置され、診療科目は、内科/消化器/腎臓/呼吸器/糖尿病/膠原病・リウマチ/循環器内科/外科/整形外科/泌尿器科/脳神経外科/精神・神経科/小児科/皮膚科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/放射線科/麻酔科/歯科・口腔外科/神経内科/緩和ケア科があります。患者に適切な治療を心がけています。がん診療連携拠点病院の指定があり、近隣の医療・福祉機関との協力を大事に考えています。看護部では、多くの病院が導入している固定チーム継続受け持ち制を使い、看護体系7:1を活用し、看護師は活躍しています。作業効率を考えた医療の質を上げた看護を実行しています。

宇部興産中央病院

宇部興産中央病院には外科/脳外科/整形外科/小児科/産婦人科/耳鼻咽喉科/眼科/麻酔科/放射線科/歯科/泌尿器科/神経内科/皮膚科/糖尿病血液科/内科/消化器科/循環器科/リハビリテーション科があります。地域に根ざした医療活動に励んでいます。看護部では、ナース299人おり、2交代/3交代の下、温かみのある看護を実施しています。

山口大学医学部附属病院

山口大学医学部附属病院は、近隣の方々に信頼される病院を心がけています。近接性を重視した治療を提供しています。インプラント義歯/骨髄細胞移植による血管新生療法/難治性眼疾患に対する羊膜移植術/自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法/(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施する保険医療機関)先天性難聴の遺伝子診断/角膜ジストロフィーの遺伝子解析/光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助/胎児胸腔・羊水腔シャントチューブ留置術、原発性胎児胸水又は肺分画症による続発性胎児胸水(胎児水腫又は羊水過多であって、胸腔穿刺後に速やかな胸水の再貯蓄が認められるもの(妊娠二十週以上三十四週未満のものに限る。)に限る。)/蛍光膀胱鏡を用いた5―アミノレブリン酸溶解液の経口投与又は経尿道投与による膀胱がんの光力学的診断、筋層非浸潤性膀胱がんの先進医療を執り行っており、医療スタッフや新薬の治験の整備に関しても取り組んでいます。